ロゴ画像ロゴ画像ロゴ画像

 日本生物地理学会の会員用のホームページです。         


《お知らせ》 2021年4月:当学会2020年度の決算報告と会計監査報告は次のとおりです。⇒ 会計報告と監査
《お知らせ》 2021年4月:当学会の会誌論文の一部はJ-STAGEから無料で入手できます。 ⇒ Biogeography ほか
《お知らせ》 2020年10月:当学会の学会誌の寄贈先を掲載しました。 ⇒ 寄贈先(海外)寄贈先(国内)

              日本生物地理学会第75回大会プログラム



   ZOOMによる大会です。参加希望の方は、4月10日と4月11日とに別け、事務局(delias#kjd.biglobe.ne.jp)(#を@に)に氏名.年齢を連絡下さい(人数に限度があります)。


【日時】2021年4月10日(土)13:00~16:30

市民シンポジウム「次世代にどのような社会を贈るのか?」


『種問題(生物学)から見える人類の道』

 (利他が人類を救うー相模原障害者殺傷事件を発端に、鬼滅の刃を切り口に)

              ⇒   趣旨説明
              ⇒   添付資料1 雨宮処凛著『相模原事件・傍聴記』を拝読して 森中定治2020年11月20日
              ⇒   添付資料2 映画「鬼滅の刃」と利他性について思う 森中定治2020年12月24日
              ⇒   登壇者略歴(あいうえお順、敬称略)


総合司会:蒲生 康重(進化生物学研究所、日本生物地理学会庶務幹事長)

お話(インタビュー):雨宮 処凛(作家、活動家)
インタビュアー:幾島 淑美(全国浄化槽フォーラム理事)
人類の道説明:森中 定治(日本生物地理学会会長)

コメント:小田 亮(名古屋工業大学教授)、斎藤 環(筑波大学教授、精神科医)、
              篠田 博之(月刊『創』編集長)、藤井 聡(京都大学教授)、
              松尾 匡(立命館大学教授)、宮台 真司(東京都立大学教授)、
              森 達也(映画監督、作家)

クロージングアドレス:岡ノ谷 一夫(東京大学教授)


【日時】2021年4月11日(日)13:30~15:00

一般発表    (講演要旨はクリックすると見られます)


司会:春日井 治(日本生物地理学会会計幹事長)

13:30~14:00
「東アジアにおける沿岸性海洋生物の種分化と地史」       横川 浩治(香川県多度津町)              ⇒   講演要旨

14:00~14:30
「NIKONで撮りました:記載分類論文のMaterial & Methods」       千葉 秀幸(ビショップ博物館)              ⇒   講演要旨


14:30~15:00
「多様化する衛生動物」       浅川 満彦(酪農大・獣・医動物)                                                        ⇒   講演要旨



15:00~17:30

シンポジウム「南極の生物地理学」


 ― 南極観測隊員が見た極地に生きる動植物 ―
【オーガナイザー・司会】三中 信宏(農研機構/東京農業大学)

15:00~15:10
◯三中 信宏(農研機構/東京農業大学)
 「はじめに ― 環南極地域の生物地理学の系譜」

15:10~16:00
◯田留 健介(埼玉県自然学習センター/第61次日本南極地域観測隊)
 「南極大陸セール・ロンダーネ山地の地衣類」                                                                                            ⇒   講演要旨

16:10~17:00
◯林 健太郎(農研機構農業環境研究部門/第58次日本南極地域観測隊)
 「ペンギンだけじゃない - 南極と周辺域の鳥たち -」                                                                                    ⇒   講演要旨

17:10~17:30 ◯総合討論 ※司会:三中 信宏

総会 
※司会:陰山 大輔(農業・食品産総研、日本生物地理学会Biogeography編集委員長)



   【写真の説明】   サワガニ青(BL)型(サワガニには幅広い体色の変異がみられ、甲が青い個体はひときわ美しい。 筆者(國島)が幼少を過ごした神奈川県小田原市では青型ばかりであったが、和歌山を含む近畿圏では赤型や茶型が多い。現在、高田賢人氏(京都大学大学院 人間・環境学研究科)とともに体色の地理的変異について調べており、陸封され多彩な色彩変異をもつ本種に生物地理の面白さを見出している。写真は鹿児島県にて高田賢人氏撮影)
                                                                                (和歌山県立自然博物館 國島 大河さん 2021年1月23日掲載)

                ☆☆☆   これまでの会員の写真は次をクリックして下さい⇒ 会員の写真   ☆☆☆